bsOOK85_araburujyoumu20131223

石橋です。

 

為替取引、株式投資、投資信託などなど

お金を増やす術そのものは沢山転がってる昨今。

 

まず、銀行預金と投資は全く性質が違うものであると認識し、理解しておいた方がよいでしょう。

 

銀行預金という選択肢しかないのが、自分が実際にお金を稼いだお金を

一切運用せず、放ったらかしているのと同義です。

 

銀行預金はリスクが非常に低く、その代わりに大きなリターンは一切見込めません。

つまり、宝の持ち腐れということですね。

 

仮に預金することで得られる預金収入があるとしても、その利息はすずべの涙程度にしか

受け取ることができません。

 

もし、あなたが大きなリターンをお金を使って求めるのであれば

投資をするのが一番効率的となります。

 

ただ、そんな銀行預金にも使い道は残されています。

それは…資産の変動リスクが全くない、ということです。

 

例えば、株式投資のデメリットとしては、自分の資産価値が日々日常的に

変動してしまう、という点です。

 

今日、100万円の資産価値があったのにも関わらず

翌日には98万円になってしまっていた、というのも全く珍しくないものです。

 

もちろんですが、資産価値が増えていくメリットもあるものの、

株式投資、外貨為替も資産価値の値動きが非常に大きいのです。

 

では、銀行預金はどうでしょう?

 

銀行預金はみなさんが既にご存知であるように、お金を預けていたとしても

資産の変動リスクはありません。その上、利息収入が得られるというメリットも存在し、

考えようによっては資産価値がほぼ減少しないのもメリットであると言えるでしょう。

銀行預金は”守り”で使え

そういったことから、銀行預金と投資は組み合わせて利用していくのが一番と言えるでしょう。

 

必ず守らなければいけない大切なお金は基本的には銀行預金し、少しでも多くの

お金を稼ぎたいのであれば株式投資やFX(外貨為替取引)といった商品を使って

取引をしてみるのがいいでしょう。

 

投資はいわば攻めの戦略と言えますが、銀行預金は守りを固めた守備戦略です。

 

しかし、守りばかりを徹底していても勝つことはないでしょう。

現状が悪化することもないでしょうが、逆に言えば今の現状がよくなることも

一切無いです。

 

まずは資産を確保しつつ、守備を固めながら投資をうまく活用し財産を増やしていきましょう。