-shared-img-thumb-MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V

石橋です。

 

お金を稼ぐためのマインドを身につけたければ、最初に

作業員思考を徐々に捨てていく必要が出てきます。

 

投資は多大な労力を必要としないため、努力と時間をどんどん割けば割くほどに

お金を稼げるという考えは改めた方がいいでしょうね。

 

もし、作業員であるならば、働けば働くほど給料を得られます。

 

残業代が出たり、資格手当が出たり、作業員として働くメリットは存在するものの、

ビジネスとしてお金を稼ぎたいのであれば従来の価値観を捨てていく必要があるのです。

 

特に投資やネットを使ったビジネスにおいては

そういった時給制、作業すればするほど稼げるというものではないです。

 

あくまでビジネスなのです。

 

銘柄を研究しても結果が全て。結果が出なければ意味がないのです。

結果を出しさえすれば利益を得ていくことがでできるものの、いくら頑張っても

お金を稼げなければタダ働きなわけです。そこが投資の面白さでもあり、

魅力と言えるのではないでしょうか。

 

頑張った分だけお金を稼ぎたいと思っている方は別の手段を検討して下さい。

 

投資の本質はお金にお金を稼いでもらう=楽して稼ぐこと

これは巷に出回っている一般的なビジネスと異なる点といえるでしょうが、

基本的には投資は自分の労力を使わないのが原則となります。

 

不労所得を稼ぐために株式投資やFXを始めた場合、本業に支障を与えるほど

トレードや銘柄選定といった作業を増やしたりなどして忙しくなってしまうのは

完全に本末転倒です。

 

作業員思考を捨てていくことによって

 

「働かなくてもお金を儲けることが出来る」

 

という価値観を身に付けることができます。この価値観が効率的に

儲けを出せるようになるためのマインドとなるのです。

 

働いてお金を稼ぎつつ、不労所得を通じて順々に資産を増やしていく。

これが理想ですね。

 

では、どうやって「作業員思考」を捨てていくことが出来るのか?

その点についてまとめましたので参考にして下さい。

労力と対価は見合わないことを理解する

1日ずっと株価を眺めていても利益が出ることはありえません。

チャートを全く見なくとも利益を出していくことができるのは株式投資の

大きな魅力の一つとなります。

 

作業員の立場で働いていると、与えられた仕事をこなすことに意識が集中します。

当然ながら、与えられた仕事を潰していかなければ給料は増えることはないです。

 

ただ、株式投資は儲ける手段を探る行為であると考えて下さい。

 

また、株や為替取引はポジション、株を所有することで

放ったらかしでも利益を出していくことができます。

 

働かなくともお金が稼げるという事実を裏返せば

「働いてもお金を稼げない」ということにもなるのです。

 

個別の銘柄の研究を仕事として与えられれば賃金を獲得することができますが、

自らが稼ぐために個別銘柄の情報を集めていっても労働所得は発生しません。

 

利益が出るから初めて投資で儲けることができる。ここを強く意識する必要があるでしょう。

 

思い通りにお金は稼げないのが当たり前だと強く意識する

作業員の立場で仕事をしていれば、結果を出さなくともお金を貰うことができますね。

働いたらその分の給料は確実に貰えますから、働いている間は収入が途絶えることはありません。

 

しかし、本当は思い通りに稼げないのが当たり前だと思って下さい。

 

投資もビジネスも基本的には一緒です。結果が出なければお金を稼ぐことなどできません。

要するに、結果という事実を強く意識することによって作業員思考を捨てることができるのです。

 

結果が全てであると考えて取り組めば意欲は高まるでしょうし、お金を稼ぐためのマインドを

身に付けることも出来てしまうのです。

 

思い通りに稼ぐことはできないものの、何者にも縛られない収入源を得ることができるのは

投資の長所であるといえます。

 

初めは株式投資、外貨為替取引といったもので大きくお金を稼ぐことは考えずに、

じっくりとこつこつ収入を増やしていく気持ちで取り組んでさえいけば

本当の意味での自由人としてお金を稼ぐマインドも身につけやすくなるのです。