石橋です。

 

個人が一兆円稼げる親時代が幕を開けたようですので情報をシェアしたいと思います。

 

廣岡翔 FinTech革命

Fintech革命

特定商取引法に関する表示
 
販売者氏名

廣岡翔

問い合わせ先連絡先

info@fintech-academy.info

URLhttp://fintech-academy.info/lp/fintech/fintech/
 
 
 

廣岡翔 FinTech革命 レビュー

ある市場限定で年利1万%超え、超暴利が発生中などと

イメージしづらい表現が散りばめられたこちらのオファー。

 

知識もコネも経験も皆無のなか、20代前半の青年が

アルバイトの1ヶ月の給料にも満たない5万円という財産を元手に

わずか2年間で6億円を手にしてしまったそうです。

 

このFintechとは

ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語だそうで、

ITを駆使し、金融サービスを生み出したり、今までのサービスを

見なおしたりする」

 

という動きを示しているそうです。

 

正直なんのこっちゃって話なんですが、年利が1万%だとか

サラリーマンの生涯年収を3回分手に入れてしまえるだとか、

相当の誇大表現を盛り込んだレターであることは分かるかと思います。

 

これが本当であればこの時点でタダの自慢話。しかしその数字の根拠は

レターには一切明記されていないので興味を引きたいが為の誇大広告を

盛り込んだ上での集客を行っているという悪質なものですね。

 

極めて胡散臭いのですが、これが本当の話であったのなら…

という期待感からメールアドレスを入力させ、リスト回収に図るわけです。

 

お金に興味のない人なんていないわけですから(笑)

 

なにやら特別なスキル、経験も不要でFintechシステムを

利用することが前提となっているようですが、恐らくこのシステムを

売り込みたいが為の内容なのでしょう。

 

それでは中身を見ていきますか。

 

IT革命に次ぐ”FinTech革命”と、 “ある市場”を利用することで 5万円をたったの2年間で6億にした 年利10,000%超を誇る超暴利手法とは!?

実際に5万円を数億円にしてしまった人物が登場します。

 

彼がやった稼ぎの手順としては

  1. 独自開発した「FinTechシステム」をスマホで開く
  2. 表示された「色と形」に応じて画面を2回タップする

という非常に単純明快な流れでお金を稼いでいるそうです。

 

最近ではスマホで数タップで大金を稼げる系のオファーが目につきますし、

その大半がバイナリーオプションやら投資系の案件であること。

 

そういった傾向からも分かるように、今回も「年利」「超暴利」といった

用語から察するに投資系の案件である可能性が非常に高いですね。

 

大金を稼ぐにはやはりお金を働かせるのが楽っちゃ楽なのですが

やはり投資であり、簡単お手軽に知識がない状態でスマホを淡々とタップするだけで

数億円稼ぐのは中々厳しいのではないでしょうか。

 

確かに外貨為替取引(FX)やら株式投資、バイナリーオプションなんかも

スマートフォンでアプリを起動し取引をするだけであるなら

実質数タップで可能です。

 

しかしこれはもう完全に初心者を相手とした案件であることから

念の為注意喚起を促しておきますが、ハッキリ言って数億円規模の

金額を稼ぐのであればそれなりにリスクも背負うこととなります。

 

投資(とうし、英語:investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動これに含まない)。 広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。 どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/投資

 

ということですね。

どのような形態の投資もリスクが伴うわけです。

 

誰しもがそのFinTechシステムだか知りませんが絶対に稼げるというものは

存在しませんし、特にこの案件に関してはリスクに触れず、スマホで簡単に稼げるかのように

用意された動画ではその”お手軽感”を強く押し出している印象です。

 

「◯◯システム」を手にすれば確実に稼げるという保証はない

確実に稼げる方法はない、ということだけはお伝えしておきます。

 

動画ではモザイクだらけの画面をドヤ顔で映しあたかも大金持ちを装ったり

20代前半らしい廣岡翔という人物がダイヤだらけのロレックス自慢を始めたりと

こちらとしては「まだやってんのか」という感情しか湧いてきません。

 

確かに投資で稼ぐにしても、勝ちやすい相場や負けにくい相場などもあり

勘違いで大金を掴む人も極稀に出てきます。

 

その瞬間だけを切り取った部分をテレビなどに出演などしてブランディングし

本を出版したり、有料のセミナーなどを開いてみたりしてみたりと本当に呆れてしまいますね。

 

当たればデカイなどと言い切ってしまってる人ほど投資ではなく投機=ギャンブルを

している可能性が非常に高いので、そこを履き違えると一生相場から

カモにされ続けるパターンですから(笑)

 

個人で1兆円を稼げる時代などと言われても何を根拠に言ってるんだと

突っ込まざるを得ませんが、そんなことを信じきって興奮した状態で動画を見ている

消費者達もかなり低レベルですよ。

 

いい加減、そろそろ稼ぐまでの手順をすっ飛ばさないで

学ぶことを学んでください。

 

 

たった1日

こんなのあり得ないですからね。冷静になってくださいね。

 

ただ、FXやら投資で稼ぐこと自体はしっかりと稼ぎ方の学ぶことで

着実に稼ぎは増えていきますし、投資そのものは否定しませんよ。

 

本当の意味でリスクがなく稼ぐのであればネットを使ったビジネスをおすすめしますよ。

参考記事:ネットを使ったビジネスを薦める理由とそのメリット

 

それでは。