石橋です。

 

トレンドアフィリエイトの手法を一から教えていく教材

「下克上」で一躍有名となった、株式会社moveの代表である

バナナデスクさんが教材購入者向けのフォローメール内にて

TMC(トレンドマーケティングクラブ)というスクールの売り込みを開始されたようですから

記事としてシェアしていこうと思います。

 

今や下克上のみならず、YouTubeトレンドマーケティングや

その教材出身者や塾生、コンサル生を稼がせ企画を打つなどして

躍進が止まらない状況のようですが…(笑)

 

TMC(トレンドマーケティングクラブ)

TMC(トレンドマーケティングクラブ)

特定商取引法に関する表示
販売社名 株式会社MOVE
運営統括責任者 岡田崇司
所在地 〒589-0013 大阪府大阪狭山市茱萸木3-1311-1グレース101号
電話番号 072-360-2022 ※お問い合わせはメールでお願い致します。
お問い合わせ先 support@trend-marketing-club.com
販売URL http://trend-marketing-club.com/
販売価格 ライトコース 198,000円 (税込)
プレミアムコース 248,000円 (税込)
販売価格 マスターコース 298,000円 (税込)
お支払い方法 クレジットカード・銀行振込
商品代金以外の必要金額 振込の場合、振込手数料
申込有効期限 お申し込み日より14日以内にご入金ください。
お申し込み日より14日経過した場合にはキャンセルさせていただきます。
商品の引渡し時期 代金決済完了後、14日以内に決済代行会社infotopユーザーマイページより案内書をダウンロード
返品・返金について 商品の性質上、お客様都合による返金・返品は致しておりません。

 

販売価格 ライトコース 168,000円 (税込)
TMCノウハウ:動画100時間
TMC倶楽部期間 2016年7月1日~2016年12月末

販売価格 プレミアムコース 218,000円 (税込)
TMCノウハウ:動画100時間
TMC倶楽部期間 2016年7月1日~2016年12月末

販売価格 マスターコース 338,000円 (税込)
TMCノウハウ:動画100時間
TMC倶楽部期間 2016年7月1日~2016年12月末

 

TMC(トレンドマーケティングクラブ) レビュー

教材購入者向けにウェブセミナーを行い、その中で教材やコミュニティー内で

成果を出されている方々にインタビュー。

 

その内容を動画で定期的に配信していくというローンチから、

最終的にはウェブセミナーと公開コンサル。そこからTMC(トレンドマーケティング倶楽部)という

中々上手なマーケティング手法で決めてきたバナナデスクさん。

 

販売ページを見れば分かるように、これまでの教材とは

リアリティ、頻繁なセミナーがカリキュラムとして盛り込まれている印象です。

 

過去にはYouTubeに特化した、バナナデスクさんの弟子でもあった

秀吉さんが塾長の「秀吉塾」といった、高額塾のカリキュラムと比べると

今回のTMCの力の入れ具合、そして誠実感がより伝わってきます。

 

過去の秀吉塾(トレンドアフィリ白熱教室、天下統一)や、今となっては刷新されてしまった下克上の販売レター。

相当の誇大広告が盛り込まれていましたからね(笑)

天下無双

バナナデスク「秀吉さん!やりすぎですよ!!」

秀吉 穴

 

Bma8Att0

見返すと茶番ですよね(笑)まあ、終わったことなのでどうでもいいことですが。

バナナデスクの引退説は本当なのか?

これは既に前から動画やらセミナー内でも本人の口から語られていたことですが、

最近ではネットビジネス系の会社が倒産したり、まるで焼畑農業的なやり方でこの

ネットビジネス市場を自分の私欲の肥やしとして詐欺紛いなことをやり過ぎて、

キャンペーンそのものが見られなくなるといったことが非常に多くなっている傾向です。

 

そのことからも、ローンチ組(劇場型のオファー)の活躍も

真っ当な人達ほど表に出てこなくなり、今では裏でコソコソと日銭を稼ぐ

日々を送っている方々もいるとか。

 

その内の組織の中でこの株式会社moveが入っている説があったのですが…

まあ、ここは業界の方々に怒られそうなので触れないでおきます。

 

会社規模を大きくし、さらには社員を食わしていく必要性があることから

うまくマネタイズが出来ないと自転車操業になりがちです。

 

株式会社moveに関しては相当数の見込み客リストがあったのにも関わらず

言い訳紛いな発言も見られたりと…恐らくですが、事業規模を縮小していく予定かと思います。

 

そういった中で今回の「倶楽部」はこれまでのド派手でかつ

煽りに煽ったものではなく、かなり真面目な販売ページとなっているのが分かります。

 

これまでのコミュニティーから実績を上げた人をプロデュースしていき、

例としてはやはり秀吉さんの秀吉塾や塾生であったえのやん!さんをプロデュースし

サポーターとして今回はフィードバックしていくそうです。

 

この「プロデュース」の権利としてはもちろんそれなりの成果は必要なはずですが、

今回提供される「マスターコース」の「プロデュース企画書」というサービスを受けられ

完全にこれまでの煽りで自社商品を買わせる、といった流れから

教育し、稼いでる人達をプロデュースし売上の折半といった

プロデュース兼教育業にシフトしていくのでしょう。

 

年中働き詰めというバナナデスクさんもそろそろ煽りはマズイと気付き、

下を稼がせ自社の利益に繋がるような仕組みを作っていくのが手っ取り早いと。

そう考えたのかもしれません。

TMCに価格相応の価値はあるのか?

結論、バナナデスクさんを始めとした講師を信用した上で

教材実践者との密な関係、リアルな関係を持って勉強会やアフィリエイターとの

懇親会といったリアリティを求めているのであればこの企画そのものの

価値はひょっとするとあるかもしれません。

 

ただ、提供されるノウハウそのものに関しては

既に見込み客相手に「教材」として渡されている状況であり、

ただ漠然と「稼ぐ」ことや「新しいノウハウ」を求めている人にとっては

あまりにも高価かと思います。

 

TMCノウハウは100時間と、それなりのボリューム感ですが

ノウハウそのものに関しては動画の中ではあまり解説が行われていませんでした。

 

つまりは、そういうことなのかもしれません。

相変わらず企画力に関しては素晴らしいですね。

 

ひとまず、まだまだこれまで販売された教材マニュアルで

成果が出ていない人がいるのであれば、しっかりと実践してから

こういったものに手を出すべきだし、不要なものだと思います。

 

しかし公開コンサルを受けたい、セミナーも定期的に受けたい、見たい、

といった信者さんであればこういった記事をここまで読まないと思うので

あえて何も言いません。

 

少なくとも「新しいノウハウ」らしいものに関しては

 

「この倶楽部に入れば秘密裏で教えて貰える」

 

というものでもありません。

 

 

そういった情報やテクニックというものはやはり

ある程度の成果が出ている個人、そしてグループの中でしか共有されない部分。

 

これは成果を大きく上げればより単価を上げて貰え、

さらには担当者が付く、といったものと同様です。

 

メリットがない限りそういった情報は降ってきませんから。

まずはブログで記事を書く、動画を投稿することを愚直に続けていくのが先決です。

 

高額塾、スクールに入れば稼げるなんてことは絶対にないですから。

 

※追記

久しぶりに面白そうな案件を見ましたので紹介しておきます。努力を前提としたオファーは久しぶりですね。

 

>大西良幸のフュージョンメディアアフィリエイトプロジェクト

みな同じ手法で成果を上げているそうです。