石橋です。

 

フリマアプリの転売のみで月商3000万円、月収300万円稼ぐ

寺田正信さんがメンバー全員を稼がせるための

コミュニティーをついに解禁されたそうです。

 

転売やせどりでも市場を変えるだけでも扱うジャンル、

売れ行きや相場も変わってきますが、ここは今流行のスマホアプリ

「メルカリ」を使ったノウハウを教えていくスクールとのことです。

 

気になる方は参考にしてみてください。

 

寺田正信 メルマジックスアカデミー

メルマジックスアカデミー

【特定商取引法に基づく表記】

販売者名 平河 大
住所 滋賀県草津市野路東3-4-35-515
電話番号 08039838554
メールアドレス dairm@gksnr175.com

・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
  お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。

販売URL http://gksnr175.com/mermagics/
お支払い方法 クレジットカード (一括払い)
銀行振込 (前払い)
コンビニ決済 (前払い)
BitCash
ちょコムeマネー
販売価格

初回費用24,800円 (税込) 2ヶ月目以降14800円の継続課金

または年間契約:162800円

 

寺田正信 メルマジックスアカデミー レビュー

ネットビジネスでも様々なノウハウ、ビジネスモデルが存在しますが、

その中でも電脳せどりやネットで完結する転売ビジネスは

副業のとっかかりでも比較的成果が出しやすく、仕入れてきた

商品を高値で売ればいいだけのシンプルなビジネスモデル。

 

今回はスマートフォンのスマホアプリ「メルカリ」を使って

転売で稼ごうというコンセプトのスクールのようです。

 

上記の通り、初回費用は24,800円。二ヶ月以降は14,800円の

継続課金となっています。

 

普通の人であれば年間契約のほうで入塾される方のほうが

少数だと思いますので、これを1年通せば187,000円と

なってしまいますから、その転売塾と費用は変わりません。

 

ただ漠然と分割決済を利用したもので、参加する障壁を

減らした工夫がなされている感じですね。

 

仕入先としても中国の市場のタオバオ、アリババ、ebayといった

海外のサイトから安く仕入れていき、仕入れ値よりも高い値段で

スマートフォンアプリのメルカリを使って出品、捌くといった感じです。

 

事実、ビジネスモデルとして転売で稼ぐことは

収益を得るまでのイメージがしやすく、初心者であっても

「仕入れて出品して売れたら発送」というサイクルを

繰り返していくだけで稼げますから初心者にとっても理に叶った

ビジネスモデルであると言えます。

 

提供しているツールに疑問あり?

転売系のスクールが乱立している昨今、今回のスクールは

入り口を広くとり、参加障壁を減らし、月額制で取ることでいつでも

辞めることが出来るのが特徴であると言えます。

 

ただ、ここの塾で用意しているツールは、このツールを使って

メルカリの売買情報を拾ってきて、そこから売れていく商品をあぶり出していく、

という点についてはちょっと…という感じです。

 

というのも、その売買情報から売れていく商品を見つけていくには

確かにそういったツールは優位性があるし、その上で応用的な使い方をすれば

より見つけやすくなる、と言えるはずですが、実際に仕入れをしていみると、

在庫が切れていたり、既に仕入れ値が高騰していて利益がでない

パターンがほとんどです。

 

実際に私の周りにもこの手のツールを使い、Amazon転売などで

稼いだ方もいましたが、全てをツール任せでやっていても稼げないというのが

わかってある程度の裁量、経験や時期によっての市場をしることが

先決だと言われていました。

 

また、考えてみれば当たり前ではありますが、

誰かが過去に売買された商品で売れていく商品をあぶり出していく

ということですから、既に儲かっているのが分かっているライバルが

いるということになります。

 

利益の出る商品を見つけてしまえば、それは何度もチェックするだろうし、

真っ先に売れる商品を見つけたのであれば独占する勢いで仕入れ、

値段を自由自在に釣り上げて売っていくことも可能ですね。

 

所詮、そういったツールを使って行ったとしても

完全に後追いであることから、見つけた瞬間には利益がでない商品では

なくなっている可能性が非常に高いと言えます。

 

さらに同じ塾生、実践者が似通ったツールを使って一斉に同じ市場で

そういったリサーチを初めて仕入れ始めたら、それはもう完全に

競合、ライバルがネットをさまよっている構図ですから(笑)

 

また、これは突っ込みどころと言えば突っ込みどころなんですが

gazou

日付を良く見ればわかるように、何度も入金されている明細。

 

メルカリは1ヶ月に2回という振り込みスケジュールがあるのですが、

これは複数のアカウントで入金してもらってる、ということでしょうか。

 

そもそも複数アカウント所持は規約違反ですし、

なぜこんなにもアカウントを持って転売してんだって話ですよ(笑)

 

転売だけで利益を出す、という点のみを見れば

完全にメリットはないわけなんですが、これはもう実績を作るだけの

細工された明細のように感じてなりませんね、、

 

また、よく金額をみていけば金額が振り込まれている状況にも関わらず

合計金額が一切増えていない部分もあったりしてて…これはもうね。

 

数十万円振り込まれているのに数万円しか増えていないとか、

流石にやっちゃってるなって感じです。

 

これを見る限りではまともな実績ではないと言えますし、

何かしらの捏造、誇大な実績を「本物の実績」で集客し塾を販売している

ということになります。

 

塾でこのツールを使わせるのは勝手ですが、

すでにこのツールのみで300万円ほど稼げるのなら

わざわざライバルを増やすことは明白なのに売ってしまうのか?

 

あまりにもメルカリには参入者が増えすぎて、小遣い程度の

収入しか得られなくなった、もしくはツールでほぼ競合だらけになってしまったから

ツール付きの塾を売って儲ける…という単純な話かもしれません(笑)

 

これはどの業界でもよくやってることではありますが、

 

「スコップでダイヤを採掘するか、それともスコップそのものを売るか」

 

というだけの話ですからね。

 

あくまでボランティアではなく、彼らもビジネスとしてノウハウと

そのノウハウを有効活用出来るツールと環境を提供しているだけ、ということ。

 

この塾そのものに参加して稼げないどうこうよりも、

結局そのツールや環境を提供されたところで行動しないかぎり

ビジネスで稼げるのはあり得ないですからね。

 

転売そのものはハッキリ言って稼ぎやすいです。

ただ、上記のように物を扱うことから在庫を抱えるリスクや

時期によって売れない商品、そもそも商品が出回らないパターン、

そして売上が月に100万を超えてくると個人じゃ厳しくなってくるという

デメリット。

 

この辺を考慮できればとっかかりとしても素晴らしいビジネス

モデルであると言えるでしょう。