gori0i9a3048072102408_tp_v

石橋です。

 

SNSを使って集客を行う、SNSを使って実際に商品を売る。

などなど、今や検索エンジンのみならず、暇つぶしのツールである

ソーシャル・ネットワークサービスで商品を紹介、もしくは自身の媒体へと

引き込む為に使われる等々、頻繁に利用されています。

 

Twitterであれば比較的若い人。Facebookはビジネス関係者、などなど。

属性は若干違えど、そこに人がいるからこそ検索エンジンのみならず

「SNS」から集客を行う重要性は増す一方です。

 

逆に言えば、そういった人達を引き込むことができれば

いついかなる時でも集客という点で困りません。

 

今回はSNSのTwitterを利用し、実際にどうやって集客を行うか?

お金をいかにして稼ぐのか?その部分を解説していきます。

 

フォロワー数が極めて重要であること

実際にプライベートのアカウントを持っている人や実践者であればわかるかと思いますが、

フォロワーが多ければ多いほど自身がつぶやいたツイートが伸びていく

傾向にあると思います。

 

ツイートが伸びていくということは、不特定多数の人に

まずは見てもらうことが重要になってきます。

 

そのためにはフォロワーが第一になります。フォロワー数が多いだけで

単純にそのアカウントは権威化、結果そのアカウントがツイートする内容や情報は

信ぴょう性が自ずとあがってきます。

 

逆にフォロワーが少なければ、いくら素晴らしいツイートや面白い情報などを

呟いていったとしても見る人がいないため、全く意味がありません。

 

ですから、最初の軌道に乗っていくためにも

フォロワー数を増やしていく必要性があり、そこからはじめていくべきです。

 

アクティブなアカウントをフォロワーとして獲得していけば、

自分が誘導していきたい媒体、ジャンルなどによってそのジャンルと

親和性のある情報を発信していったり、貴重な情報などをツイートしていけば、

拡散、RTを期待でき、そこから自分のツイートを見た人が

そのアカウントをフォローしていくでしょう。

 

フォロワーさえ増えていけば、ツイッターで影響力を持ち、

「この人はフォロワーが多いな、とりあえずフォローしとくか」

といった段階になれば自然と増えていく流れも出来ていきます。

 

そうすると業者だらけだったフォロワーよりも

アクティブユーザーが自然と増えていくため、自ずと優れたツイートや情報を

呟いていくだけでも自分のアカウントが認知され、信ぴょう性が増すのです。

 

ツイッターにおいて重要なものは、

  • フォロワー
  • リツイート数

これだけ覚えておけば問題ありません。逆にこの2つこそが

ツイッターで稼ぐことにおいて全てを占めている、といっても過言ではないほど。

 

また、ツイッター上ではこの2つが、通常のサイトのSEOで言うところ

バックリンクにあたるためです。

 

基本的には情報発信、優れたツイートを心がけ、

そこからフォロワーを増やし、リツイートされるようなツイートを

研究してツイッターにおいて影響力、発言力のあるツイッターアカウントを

目指していきましょう。

 

フォロワーを具体的に増やしていく3つの方法

al0012-oinaninetenda20140722_tp_v

そもそもな話、ツイッターでは自分から相手をフォローしていけば、

相手が有名人でない限り、相手も大抵フォローを返してくれますし、

そこでフォロワーになってくれます。

 

それはなぜか?

 

これは人間の「返報性の法則」といって、この法則を利用することで

上手くフォロワーを増やしていくことが、ゼロスタートからのアカウントでは

極めて有効な増やし方であると言えます。

 

手始めに出来上がったアカウントがあれば、まずはこの返報性の法則を

利用してどんどんフォローしていくのがおすすめです。

 

具体的には

  • 名前に「相互フォロー募集」などとわかりやすいように付ける
  • 自分のプロフィールを作り、相手にどういう人かわかるようにしておく
  • 集めたい属性のフォロワーがいるのであれば、その属性に関する人を検索し、フォローする
  • 相互フォロー用のハッシュタグを使う

 

といったように使います。もちろんフォローしていく人は選んでいきます。

 

実際に自分が誘導したい媒体、ジャンルによって

ジャンルやその関連する単語などでツイッター内で検索し、

興味がありそうな人をフォローしていきます。

 

相互フォロー募集時にはアカウントの名前には、

「@相互フォロー募集」、「「@フォロー返し100%」といった、

誰でもフォローを返しますよ、という意思表示目的で書いておきます。

 

これは相当の頻度でフォローされることになります。

 

また、ツイートにはハッシュタグを利用することで

フォロワーをより多く増やすことができます。

 

  • #followmejp

  • #sougo

  • #sougofollow

 

この3つで十分でしょう。さらに深掘りをすると

  • 「相互フォローよろしくお願いします #followmejp」
  • 「相互フォローしませんか? #sougo」

 

といった感じでツイートを作っていきます。

こういったつぶやきを自動で呟ける「bot」という機能を備えることで

上記ツイートを自動で呟けます。

 

この「bot」を使うのであれば「Twittbot」がおすすめですね。

 

また、フォロー返しをしてこない人を一括でリムーブ(フォロー外し)する

ツールとしては「MnageFlitter」があります。

 

これを使うことでフォロー、フォロワー比率が1以上になるように調節します。

 

また、逆に相互フォローを前提とする以上、こちらからフォロー返し

をしっかりと行わないと当然リムーブされてしまう可能性が高いです。

 

あちらがわがフォローをしてきたら、

きちんとフォローを返すことをしていきましょう。

 

ちなみにフォローを自動で返してくれる「自動フォロー返し」は

無料ツールの鬼ったーやTwittbotで設定することが可能です。

 

  • Twittbot(自動つぶやきツール)
  • ManegeFlitter(片思いの一括アンフォローツール)
  • 鬼ったー(自動フォローツール)

 

上記すべて無料で利用できます。

 

影響力のある人に個別リプライを送る

al101_natuin0120140830001_tp_v

自分が扱いたいジャンル、扱っているジャンルで

フォロー数が少なく、なおかつフォロワー数が多い

影響力のある人に積極的に絡んでいきましょう。

 

そうすることでその人から価値のあるツイートがリツイートされたり、

アカウントがフォローされたりしたり、自分のアカウントが強化されます。

 

有名人、芸能人といった人気アカウントのフォロワーの一番上にアカウントを載せる

yuka20160818270016_tp_v

ちょっとした小技になりますが、有名人や自分が扱っているジャンルで

影響力をもっている人を進んでフォローしていくことも効果的なフォロワーの

増やし方の1つと言えます。

 

例えば、誰かをフォローしたてですと、自分のアカウントが、

その相手のフォロワー欄の一番上に出てきます。

 

実際、人気のあるアカウントというのは、頻繁にフォロワー欄も

結構見られます。

 

自分が扱っているジャンル、属性が沿っている有名アカウントを

フォローしていけば、閲覧者はあなたのことを同じ趣味の人だと

認識されることであなたはフォローされやすくなる・・・というものです。

 

同じジャンル、属性からのフォローともなれば

自ずとフォロワーの質も良くなってきます。

 

ちなみに、有名人のフォロワー欄から自分のアカウントが

他のアカウントで埋もれてしまったのなら、一度フォローを解除し、

そこからふたたびフォローすることで再度一番上に自分のアカウントを

持ってこれる小技もあります。

 

ただし、これをやり過ぎると業者だと思われ

極稀にブロックされます。ほどほどに。

 

ツイッターを有効活用してビジネスに活用しろ

max16011508-3_tp_v

ビジネスにおいて極めて重要な要素である「集客」

このツイッターを正攻法でビジネスに活用している人の多くは、

ツイッターを集客装置とし、フォロワーを自分が誘導したいサイトに

誘導していっています。

 

そして、自分が展開していっているジャンルのお得な情報や

有益な情報をツイートして流していくだけでフォロワー数、リツイートを

増やしていっています。

 

基本的にはツイッターでお金を稼いでいる人で

広告リンクをただ流している人の多くは稼げていません。

 

むしろ、基本的に日常的な事柄を織り交ぜながら

フォローしている人に対して為になる情報を見せている、

というタイプの人が多いです。

 

結果、ただのbotという扱いをされず、

絡みやすく親近感を持てるアカウントが育つわけです。

ここを意識するのがポイントでしょう。

 

ツイッターでのbot行為はある程度許容されている

ck0i9a9050_tp_v-1

こういった正攻法の一方、今のところツイッターにおいては、

GoogleやYahoo!の検索エンジンとは違って、ある程度の自動化ツール、

スパムに該当することを多少なりやったとしても、

最終的にはそのアカウントのフォロワー数とリツイート数が多ければ、

ツイッター上では評価されるのです。

 

 

ですから、上記で紹介させて頂いたbotツールを使った

ツイートの自動つぶやきも有効的です。

 

また、フォロワーが既に多いbotをリツイート用のサブアカウントとして

利用することができれば、FF比率の高い本アカウントを作ることもできてしまいます。

 

ネットビジネスのメリットとして上げられるのが「仕組み化である程度半自動で回る」

ことですが、ツイッターにおいてもある程度自動化が可能である点が、

ツイッターを活用していくメリットであるとも言えるでしょう。

 

しかし、これらの自動化されたアカウントに関しては

正攻法の本アカウントとは分けて考えるべきでしょう。

 

ツイッターの方針やルールが突然変わり、

アカウントの凍結やペナルティーを課される可能性があるからです。