yosx9695_tp_v

石橋です。

 

この記事では、ツイッターのフォロワーを増やしていく際に

極めて効果的なシステム、botの作成方法をまとめました。

 

botとはようするに、

「予め作ったツイートをbotの設定していくことで自動で呟きを行うアカウント」

のことを指します。

 

BOTを作成するために必要な2つのツール

ook161103025_tp_v

botを作成するにあたり、あるツールが必要となってきます。

もちろん、予め作ったツイートを手動で呟くのもありかと思いますが、

それでは全く意味をなしません。

 

以下の2つのツールを利用することで自動的に

呟きをしてくれるbotが作成できますので確認してください。

 

まず一つ目のツールであるTwittbotですが、

このツールにツイートを登録していくことで、そのツイートを

何度でも自動でつぶやく、Twitter用のbotツールになります。

 

そのツイートは何個も登録することができる上に、

つぶやく順番をランダムに入れ替えていくことができます。

 

鬼ったーは検索単語を設定していくことで、

毎日自動でランダムに、特定のジャンルのユーザーを数名フォローしていきます。

 

こちらの記事でも記載しましたが、返報性の法則を利用し

フォロバ(フォロー返し)を狙っていくことでフォロワーを増やしていきます。

 

また、フォローを返してこないユーザーに対しては、

設定をすることで自動アンフォローをおこなっていくこともできます。

 

Twittbotと鬼ったー、この2つの無料ツールを使っていくことで、

本運営のアカウントのクオリティを補強していったり、

完全自動で機能していくbotを作ったりすることができるのです。

 

効果的なBOTの作成方法(相互フォロー支援BOTの場合)

yusei_konosyouhin_tp_v

どのジャンルでも共通に使えるbotとしては、

相互フォロー支援系のBOTアカウントが上げられます。

 

これは相互フォローを目的とするユーザーが、

他人との相互フォローをしやすくするために使っていくbotになります。

 

BOTのプロフィールの紹介文にて、以下のように

呼びかけていくことで機能します。

 

「このアカウントは相互フォローのための支援アカウントになります。このアカウントをフォローした後、当アカウントのフォロワーをフォローしましょう。するとあなたのフォロワーの増えていきます」

 

このbotを自分で作っていき、自分で使えるようにしておくことで、

多方面に有効活用できるのです。

 

また、このアカウントのID名に関しては

「follow_○○」「○○_sougo」といった形で変えることで

パッと見で相互フォロー支援botであることが明白です。

 

プロフィールやヘッダー、バックグラウンとの画像には、

ツイッター関連の画像を使っていきます。

 

自動フォローツールの鬼ったーでは、

この「相互フォロー」を検索単語に設定し、自動フォローを行っていきます。

 

また、片思いの自動アンフォローを5日後程度で設定しておき、

自動フォロー返しもオンにしておきます。

 

「一度フォローした人を再びフォローしない」の設定は、

「はい」にしておきます。

 

自動つぶやきツールのTwittbotでは、その相互フォロー関係で

相手にとって役に立つ有益な情報やフォロワーを実際に増やせる小技、

といったツイートをそのまま自動つぶやきに設定するといいでしょう。

 

例えば

「鬼ったーという無料ツールを利用することでフォロワーを自動的に増やせます」

「名前の後に@相互フォロー募集中といったものを入れておくことでフォロワーを増やせます」

「#followmejp #sougo といったハッシュタグを定期ツイートと共に一緒に使いましょう」

 

といったように、為になるツイートが効果的かと思います。

 

これを応用して、フォロワー相互支援のbot作成以外にも、

実際に自分が扱っているジャンル、属性の有益な情報ツイートで

botを集めていくことで、質の濃いフォロワーを集めていくことができます。

 

一つ目のアカウントが出来上がったら、また別のbotを作ってみましょう。

 

ツイッターでは複数のアカウントを作り、所有することが出来ますから

上記のようなお役立ちbot等、価値提供を念頭に作るといいですね。

 

もし、集客の導線やツイッターを使って稼ぎたいのであれば

この自動化の仕組み、botの数だけ武器となりますのでどんどん作ってください。

 

出来上がったBOTの効果的な活用法

yusei_konosb_tp_v

botのフォロワーが2000以上になりましたら、そのアカウントは

そこそこのアクセスが取れるアカウントになっています。このアカウントを

どう活かすかで稼ぎも変わってくると思っていいでしょう。

 

さて、このbotを本アカウントとして活用する方法としては、

以下の2つがあります。

 

  • botそのものを本運営アカウントとする

 

この場合には、アカウントの名前やID名を自分が扱うジャンルのものに

変更していきます。

 

もちろんプロフィール画像なども変更し、Twittbotや鬼ったーの設定も変更するか、

連携を切っておきます。

 

そして必要に応じてアンフォローも行っていきます。

こうすることで完全にアカウントそのものを修正していき、整えていきます。

 

  • 本運営のアカウントでのツイートをこのbotでリツイートしていく

 

この仕組みを使うことで本運営のアカウントが注目され、

特に本運営のアカウントから誰からをフォローせずともフォロワーが集まってきます。

 

リツイートするツイートに関しては、リツイートされそうな、

誰かに共有したくなるようなツイートを厳選して行います。

 

クライアントのKrileを使えば、複数のbotからワンクリックで一括リツイートを

くりだすことも出来ます。

 

 

どちらの方法も自分なりに応用したり、組み合わせていくことで

フォロー・フォロワーの比率の高い良質なアカウントを作りだすことができます。

 

特に強烈な方法としては後者のリツイートによる拡散になります。

 

1つ目のやり方であればアカウントそのものの設定、キャラクターなどを

変えていってしまうと、展開していくジャンル、属性によっては

見向きもされない、急激なフォロワーの増減の可能性が出てきます。

 

しかし2つ目のリツイートを意図的に行っていく方法では

そこまでのリスクはないでしょう。

 

特に本アカウントの拡散見込みのあるツイートを、

複数のbotでリツイートすることは本当に効果的な方法ですね。

 

これはネットスラング用語的には「RT爆撃」と呼ばれる方法で、

フォロワーを増やしていく方法として有効的な戦略になります。

 

また、botの数だけフォロワーもどんどん増えていきますから、

リツイートによって多くの人に本アカウントのツイートを読んでもらえます。

 

フォローせずとも、自然と大量のフォロワーがつくこととなりますから、

フォロー・フォロワーの比率の高いアカウントを作成していくのであれば、

断然本アカウントのツイートを複数のbotでリツイートする方法が

よりおすすめ、となるわけです。