この記事ではアフィリエイトの稼ぎ方について解説を進めていきます。

 

具体的に、アフィリエイトで稼ぐ方法、種類については大きく分けて3つあります。

  • クリック課金型
  • クッキー報酬型
  • 成約報酬型

と、この3つになります。では、それぞれ解説していきます。

 

クリック課金型

この「クリック課金型」では、商品が売れても売れなくても、そういうものに振り回されず、

広告さえクリックがされれば報酬が貰えるというものになっています。

 

そのクリック課金型で有名なのがグーグルアドセンスですね。

 

ブログやサイトに広告を貼り、そこにアクセスを大量に集めることが今現在でも

主流となっているわけですが、最近ではYouTubeの動画再生で

稼ぐ方法なんかも人気があります。

 

クリック課金型で言えば、クリックされるだけで報酬を獲得することが出来る、という仕組みですから

報酬を発生させ、獲得するまでのハードルが非常に低く、敷居も他のアフィリエイトよりも

初心者であっても比較的取り組みやすいという性質を持っています。

 

ただ、その分報酬額も低めに設定されていて、

1クリック当たり1円~10円程度の報酬にしかならないケースが非常に多いです。

 

また、いくらたくさんのアクセスを集めていっても、

広告がクリックされなければ報酬は発生しませんから、クリック課金型では

成果に見合っただけの金額を稼ぐのはなかなか厳しい、というのが私の考えです。

 

これは事実として、月100万円などの大きな金額を

クリック課金型のみで稼いでいる人は殆どいないのが現状となります。

 

クッキー報酬型

クッキー報酬型のクッキーとは、その広告の中に埋め込まれている

「誰がアフィリエイトしているか」という情報のことを指します。

 

このクッキーは、他の人のクッキー情報で上書きされない限りは、

一定期間ずっと保持された状態で有効となります。

 

そして、その状態のクッキーが残っている期間に何か商品を購入してもらう

ことが出来れば報酬が発生する、という仕組みになっています。

 

これは代表的なものを言うと楽天アフィリエイトですね。

 

楽天アフィリエイトの場合は、広告がクリックされてから30日以内に、

楽天市場の中から別の商品を購入してもらうことが出来ると報酬が入ってくる仕組みです。

 

広告をクリックさせていくだけで、広告とは全く関係のないショップの買い物でも

成果報酬の対象となるわけですから、クリック課金型と同様、

報酬獲得までのハードルが非常に低いです。

 

ただ、クッキーが上書きされてしまったり、

仮に上書きがされなくてもクッキーの有効期限が過ぎてしまったりすると

報酬は発生しませんから、この「クッキー報酬型」もクリック課金型同様に、

成果に見合っただけの金額を稼ぐことは難しいと言えるのではないでしょうか。

 

つまり、クッキー報酬型でも、大きな金額を稼ぐのは難しい、ということですね。

 

成果報酬型

成果報酬型とは、その広告を通して何か商品が売れていったり、

何らかのサービスへの申し込みがあった段階で報酬が発生するものになります。

 

クリック課金型、クッキー報酬型とは異なっていて、

商品やサービスに購入、申し込みをしてもらうことができなければ

報酬は発生しないため、報酬発生までのハードルは上記に上げた

2つのものよりも高くなります。

 

しかし、成果報酬型の場合に限り、

こちらが意図したようにお客さんを誘導していき、商品を購入させることが

可能となっていますから、成果に見合っただけの金額を稼ぐことが魅力のひとつです。

 

さらにこの方法であれば、たったの数百アクセスといった、少ないアクセスであっても

高額の報酬を獲得することが可能になっています。

 

アフィリエイトで大きな金額を実際に稼いでいるような人の大半は、

成果型報酬のアフィリエイトを行っているのです。

 

私自身も、成果報酬型のアフィリエイトで稼いでいます。

 

アフィリエイトで稼ぐためにも、どの方法をとっても同じだけの労力を

注いでいく必要性は必ずでてくるわけですから、どうせい同じ労力を割くなら、

少しでも多くの金額をわずかな労力で稼げた方が嬉しいはずです。

 

実際、大きな金額を稼ぐためには

私はあたなにも成果報酬型のアフィリエイトに取り組まれることをおすすめします。

 

で、あれば成果報酬型のアフィリエイトで稼ぐために必要な

「紹介すべき商品」について話を進めていきたいと思います。

 

それについては、以下の記事にて解説を行いましたのでご確認下さい。