石橋です。

 

「個人事業を初めて売上は右肩上がりですが、作業は増える一方です…」

こんな嬉しい悲鳴を聞く事が昨今非常に増えてきています。

 

ネットビジネスにせよ、アフィリエイトや転売せどりにおいても

「個人」という、組織に属すのではなく一人でコツコツと売上を伸ばすには

1日24時間をどうやってつかっていくかがカギとなります。

 

特に物販やせどりにおいては

 

「商品が売れたらその商品を検品し、発送する」

 

という、誰もができるような作業を一人でなんどもしなくてはなりません。

 

人件費が日本においては非常に高いなどと言われていますが、

逆にこの「人件費」を差し置いても

 

「個人事業において1日24時間を効率よく回す」

 

にはゆくゆくは組織化、そして自動化を図る必要性がでてきます。

 

例え稼ぎやすいビジネスモデルであったとしても

自分がしたいことを好きなだけやるには、売上が右肩上がりとはいえ、

 

「作業を止めたら売上も止まる」

 

という”恐怖心”で手を止められない事業者が多いわけです。

 

まさにサラリーマン時代よりも稼ぎはよくなったものの、

サラリーマン時代よりも疲弊する毎日を過ごされている人は

どこかのタイミングで「組織化」を意識されているのではないでしょうか?

 

むしろ組織化や人を雇ってリサーチか販路拡大を狙うには

避けては通れないのが組織化だと私は思います。

 

実際、私も面倒くさがりの性格な上に何もしたくないタイプの人間なので

ここだけは避けては通れませんでしたね(笑)

 

そんな方はこの

「完全自動化・組織化マニュアル」

はかなり参考になるのではないでしょうか…。

 

土山敬士朗 転売完全自動化・組織化マニュアル 

特定商取引法に基づく表記

販売社名 IMPLEX株式会社

販売責任者 土山敬士朗

住所 大阪府大阪市淀川区十三本町 1-8-8 大幸ロイヤルA5 201号

電話番号 06-6195-9592

メールアドレス keishiro720@gmail.com

 

転売や物販での自動化は避けられない

恐らくこの記事を読まれている方は何かしらの事業や

物販、転売系のノウハウは持っているが副業で行いたいが為に、

組織化を考えている方が大半かと思います。

 

私自身、過去に事業を起こす際には

 

「如何にしてキャッシュフローを改善していくか」

 

これを考えていて、比較的早い段階で成果を出していくには

大量の出品作業を行い現金化をしていくかがポイントとなっていました。

 

転売やせどりといった物販ビジネスにおいては、個人であっても

 

「あるものを出品して、売れればその場でキャッシュになる」

 

この即金性こそが転売ビジネス、物販ビジネスを

個人でやっていくメリットやモチベーションになるものだと思っています。

 

とても大規模な事業を起こすにしてもただの信用もないフリーターが

銀行から融資を受けられるなんてことは非常に厳しいですし、

そうなると自分の少ない資金から商品を仕入れ、転売する。

 

そうすることで自然とビジネスを本質も手に入っていき、

種銭も膨らんでいきますので、後はこれを自動化して後は

他の事業へとシフトしていくのがセオリーなんですね。

 

副業において転売やせどりはベストですので、

もしあなたがまだ

 

  • 副業は興味があるが手を出せていない
  • そもそも事業というものはリスクを背負ってしまうもの

 

といった状態であるならば、まずは非常に低リスクな

不用品転売を始め、そこからお金を作り仕入れにお金を投じていけば

スムーズに売上も右肩上がりに推移していくと思います。

 

恐らく大抵の人は不用品販売において売上が10万程度いけば

モチベーションは勝手に仕上がっていくと思いますので、後はそこから

利益率のいい商品のリサーチや大量仕入れを図れば売上も維持できます。

 

ただ、そこから売上が100万円、200万円となっていくと

まさにサラリーマンのような

 

「言われたことを繰り返すようなルーティン作業」

 

が待っています。

 

これはもう、転売や物販ビジネスでは避けて通れない道

となっていて、稼げば稼ぐほど肉体労働が増えていくわけです。

 

仮に月商で200万円程度であれば…まあ大丈夫だとは思いますが、

今後事業として幅広くビジネスを行っていく、法人化も考えるとなれば

自動化や組織化を図り

 

ビジネスオーナー

 

になる必要性は出てくると思って下さい。

 

土山敬士朗さんの実績

自動化や組織化のメリットについてはこのブログの他の記事でも

何度かお伝えしてはいますが、そんな提案を推奨としている

土山敬士朗さんの実績はどの程度のものなのでしょうか?

 

実際、誇大表現もなくお手製感のある販売ページを見ればわかるように

これだけの実績を上げられています。

 

平均売上単価や仕入れ金額などを見れば一目瞭然で、

比較的高単価な商品を扱って、1日に13個以上を売り上げています。

 

一見、たったそれだけの商品を出品する、検品するなどを考えても

まだまだ個人でも大丈夫だとは思いますが、これが規模を安定的に大きくする、

もしくは自由な時間を作っていきたいともなれば組織化は必要になっていきます。

 

この規模ともなれば、物販転売ビジネスのみならず

法人へのコンサルティングや他の事業にも参入することも考えているケースもあり、

時間も取れないとなるとそういったビジョンもあるが時間を割けない場合も。

 

売上が上がると他のことが全くできなくなる

 

そう、たしかに物販転売ビジネスは動けば動くほど収益が上がってはきますし、

初めは特に夢中に作業は取り組みますが、ある程度稼げるようになっていくと

 

「ずっとこの作業を死ぬまで繰り返していかなければならないのか」

 

という葛藤状態になります。

 

まさにこの瞬間、手を止めれば売上も止まるという岐路に立たされるかのような、

絶望感を味わう方も大多数だと思います。

 

そして、組織化を意識して取り組まれる方はとても少ないです。

 

大抵の人はお小遣い稼ぎで開始された方も非常に多いとは思いますが、

逆に休日に一気に作業をされる方は大事な人との時間や友人の誘いを全て断ることで

その関係を崩壊させてしまうことも少なくないです。

 

事業化をするには最小労力で最大の売上を出すことだけを考える

ビジネスマンである以上、この出品検品販売作業という売上に繋がらない作業は

今後大きな事業をこさえる将来のオーナーになるであろう人物はやってはいけない作業になります。

 

ただ売上を伸ばすだけを考えるのであれば1日ひたすらその作業に時間を割いていけば

売上は維持できると思います。

 

しかし、今後月商で1000万円だとか、桁を一つ増やしていくには

 

「自分しか出来ない作業に時間を費やす」

 

ことを意識して取り組まなければなりません。

 

そうなると組織化は免れない…というわけです。

 

土山さんは2社の会社を経営されつつも、実績は合算し月商で1731万円

という大きな数字を掲げながらも自分のリソースは別の事業に割いている状況にあります。

 

そうすることで、より売上を上げていく為の施行や戦略を練るといった

経営部分に時間を割くことができます。

 

時間を割くことが出来れば自ずと売上も上がっていきますし、

組織化が上手く行けば自由に使える時間も増えていく状態に持っていくことができます。

 

物販ビジネスは組織化が大前提

もし、副業的な収益で満足している状況であればこの前提は崩壊します。が、

これから複数の収益の柱を立てていく、もしくは他の事業へ展開していく

という状況や未来を見据えているのであれば組織化していください。

 

そもそも物販ビジネスは出品するまでの前段階が

あまりにも多すぎます。

これは実際の本教材「転売完全自動化・組織化マニュアル」

の抜粋ではありますが、あまりにも莫大なフローがあるわけです。

 

しかし、この全ての作業は自動化することが可能なわけです。

 

売上アップ=効率化を図り生産性を上げること

 

このことは売上を上げ、経済的にも時間的にも制約なく自由になりたいのであれば

必ず意識するようにしてください。

 

組織化をしない=売上は上がらないということ

実際問題、私自身もブログ読者さんなどから

「どういう流れで外注化、組織化していったんですか?」

といったご相談がいくつか届いています。

 

こういった相談をしている方のほとんどはセンスがあり、既に

ある一定以上の数字を掲げている方が大半ですが、限界を超えてビジネスを

右肩上がりに成長させることは必須です。

 

効率化を図ることで売上が上がっていくというのは一目瞭然で、

当然作業ペースを上げることは効率化を図ることと同義ですが、

スピードを上げるにはアッパー(限度)が決まっています。

 

後は出品ツールの導入、もしくは人に作業を外注する以外にないということです。

 

今回は外注化=人に作業をお金を払って外注する

ことに特化したマニュアル。これが本教材なわけです。

 

求人募集から本採用まで懇切丁寧に解説が行われているマニュアル

さっそく手にとって内容を見てましたが、

既に売上が上がっている方は本マニュアルを読み込み

手順通りにすすめていけば自ずと売上は上がっていくはずです。

 

最近はクラウドサービスも複数あり、クラウドワークスやランサーズなどを使えば

ネット上で簡単に人を採用し外注できます。

 

まさに効率化や売上を上げていきたいという方にとっては

このマニュアルを手にすることはビジネスを制すといっても過言ではありません。

 

  • どういった部分を外注すればいいかわからない
  • 報酬や契約書といった細かい部分がわからない
  • そもそも外注化をしたことがない

 

という方は本マニュアルは手にしておいた方がいいでしょう。

 

一人で自己流で外注化を進めるのもありだとは思いますが、

わずか2万円程度で外注化の手順がすぐに手に入るわけですから

すでに売上が一定以上出ているのであれば導入した方がいいでしょう。

 

総評

よくあるド派手なプロモーションに興味惹かれ、高額な商品を買われる方が

非常に多いですが、大抵スキルが身につかないようなものばかり。

 

逆に転売や物販ビジネスはビジネスの本質を突いた、

原理原則があるビジネスモデル。

 

コストよりも売上が上がれば儲かるというシンプルなビジネスモデルを、

さらに外注化していって人件費諸々を引いて残ったものが利益になるので

後はそれをシンプルに導入していけば月商で1000万円なんかは簡単に達成できます。

 

簡単にお金を稼ぎたい気持ちも痛いほどわかりますが、

まずはビジネスの本質を身に着けた後でもいいと思います。

 

そもそも事業を得られることのスキルや技術、経験ってハンパないですからね(笑)

 

あくまでこういった物販、せどりというのはファーストステップであり

極限に効率化を図った後には自分の本当にしたいことや、

より大きな事業への投資だと思います。

 

まずはせどりや転売ビジネスで軽く月商300万から500万円を目指し、

キャッシュフローが改善された状態で自分がやりたかった事業へと

お金を使って投資をしていく、時間を割いていくのがベストです。

 

ですので、もし何か取り組んでみたいという方は物販やせどりといった

シンプルなビジネスモデルからスタートすることをおすすめします。

 

そしてある程度の利益が乗ってきた、売上が個人では頭打ちになってきた

という状況になってから組織化を図るといいでしょう。

 

ホント、実際に個人であれこれやってると時間がいくらあっても

足りなくなってしまいますから。

 

時間の効率化を図りたい方はぜひ手にとっていただきたいです。

 

ただ、個人的に

 

「この部分はもうちょっと付け加えた方がいいのでは?」

「ちょっと抽象的だな」

 

という部分もいくつか見て取れたので、その穴を補う為に特典を配布します。

 

購入者限定特典について

ここまでお読み頂きありがとうございます。

 

このブログから土山敬士朗さんの転売完全自動化・組織化マニュアル

をご購入頂いた方に限りまして、穴を補うべく以下の購入者限定特典をお渡しします。

 

  • BUYMAで実際に売上が上がった10ブランド一覧
  • 石橋がリサーチで活用している月額課金サイトとは?
  • 「◯◯」を意識することで売上を3倍にした方法
  • 初心者でもできる!購買意欲を高める為に必要なある「エッセンス」とは?
  • 普通の主婦がはじめて中国貿易で稼いだ商品リスト

 

この5つの特典を以下のリンクよりご購入頂いた先着7名の方に限り

そっくりそのままお渡しいたします。

 

→「特典付き】土山敬士朗 転売完全自動化・組織化マニュアル はこちら

 

※先着7名

 

石橋

 

購入者の声

なかざわと申します。
私は元々外注として、それこそ1件2円の作業から
土山さんのビジネスのお手伝いを

させていただくようになりました。
それまで、専業主婦、毎日家で時間を持て余していた生活でした。
ネットビジネスはもちろん、

自分の仕事で稼ぐということさえ
まったくイメージがわかないような環境だったんですね。

右も左も分からないので、

とにかく土山さんの教えてくれること、

一つ一つをこなしていきました。
まさにタスクをこなす日々が3か月。
ある日、なかざわさん今月の利益40万円です。
がんばりましたね・・・・と。
在宅で40万!

それも、パソコンどころか、特別な知識も
なかった専業主婦の私が。
その時、初めてその3か月で私が土山さんから何を教わったか
理解できました。
一時的に稼げるノウハウや

一瞬得した気分になるような情報ではなく、
転売ビジネスの基本から、

稼ぎ続けるスタミナのようなものまで、
教えてくださってたんですね。
土山さんに最も多く言われた言葉が、

一つ一つのアクションをよく考えて。
このことでもお分かりいただけると思います。
それから一年。
今は土山さんの会社の社員として励んでます。
自分でビジネスを続けていくのではなく、社員になることを
選択した理由は私一人では達成できないことを
味わいたかったので!

 引用:http://tsucchy-net.com/consulting/automation/